FC2ブログ
トミヤ帽子店*店長の仕事や生活の☆「あれこれ♡」☆です。
2008年01月28日 (月) | Edit |
1/28(月)

 大阪国際女子マラソン=凄かった&しんどかった。
 福士加代子に、感動。 ちょっと涙…。

 マラソンでは野口みずきと高橋尚子が好きな私であるが、今回
 福士加代子というランナーを再発見した。
 
 まず、走るフォームがキレイだ。
 160cmで、均整のとれたスリムな体型、背筋を真っ直ぐ伸ばした、
 癖のない本当に綺麗なフォームで走る。
 全ての体の動きに、神経が行き届いている感じだ。
 
 あの喋りとは裏腹にきっと繊細な人なんだろうなあ…と思った。

 トラックで日本最高のスピードを誇る福士にとっては余裕の走りだった。
 だが、大阪城公園内の起伏で消耗し、30キロを前にペースダウン。
 
 30キロ以降失速して、35キロ以降は、次々と後続のランナーに
 抜かれて…。だが、福士は、一度も振り返らず、抜いていく選手を
 目で追うこともなく、前だけをみて走り続けた。

 競技場に入ってきた時にはもう既に走れる状態ではなく、何度か
 転んだ。でも、その度に立ち上がり、前進を続けた。
 
 意識もすでに失っていたのかどうか。
 ただ、前に向かって走り続けようとする姿に衝撃を感じた。

 繊細で美しい走り、次々と抜かれていく絶望感、転んでも無意識で
 ゴールに向かう闘争心。このレースの主役は間違いなく彼女だった。
 
 いつものマラソンではないマラソンを見た気がして、しんどかった。
 競技場での姿に思わずTVにむかって「がんばれ~!」と叫んだ。
 
 
 昨年のエチオピア合宿、世界選手権などでアフリカ選手との差を痛感
 した福士は、世界の舞台でメダルに近いのはマラソンと判断。

 そうしてフルマラソンに挑んだが、待っていたのは厳しい現実だった。
 今後は本職のトラックで北京出場を狙うことになる。

 
 また明日から、頑張れ!
 ぜひオリンピックへ行って欲しい!
 

 ちなみに優勝したのは「マーラ・ヤマウチ」という選手。

 な~んか、福士の走りしか頭に残ってない大会であった。




関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック