FC2ブログ
トミヤ帽子店*店長の仕事や生活の☆「あれこれ♡」☆です。
2008年01月16日 (水) | Edit |
1/16(水)
 
 毎年2月16日~3月15日といえば、個人の所得税確定申告の受付期間。

 ウチのような個人事業主にとってこの時期は、春の仕事ラッシュに追われながら
 各種伝票や領収書などを整理し、はたまた元帳やら何やら色々も整理して、
 決算書を作成せねばならないのである。

  毎年の事ながら日々ウンザリデイズ。


 去年の今頃も決算書作成に苦労しつつ「来年は電子申告に切り替えよう」等
 と思ったのものだ。
 電子申告=税務署や市区町村の役場で告知してるアレだ。
 
 自宅のPCから確定申告ができるという e-Tax = 国税電子申告・納税システム。
 そいつさえ導入してしまえば、きっとネット通販感覚で、確定申告ができる筈。

  でも、どうやって始めればいいんだ?
  ちょこっと調べてみる…と…。
 

 まず『電子証明書』を取得して『ICカードリーダライタ』を購入しておく必要がある。
 電子証明書とは、インターネットでデータをやりとりする際に、個人を証明する為の
 パスポートみたいなもの。
 
 で、電子証明書の発行機関はいくつかあるが、地方公共団体で取得する場合、
 まず住民票のある市区町村の窓口に行き、そこで住民基本台帳のICカードを
 入手し、電子証明書の発行手続きを行い……。

  う~ん、もう既にダメ。大変そう~。
  ちなみに、ICカードリーダライタの値段は6000円~7000円程度との事。
 

 次にe-Taxの『開始届出書』を、納税地の管轄税務署に提出。
 この届出書はウェブサイトからもオンラインで提出可。
 その後25日前後で、税務署から『利用者識別番号』と『暗証番号』が書かれた
 通知書が届き……。

  んんん…疲れてきた。
 

 んで、通知書が届いた後に、e-Taxソフトをパソコンにインストール。
 すぐにログインして暗証番号を変更し、先ほどの電子証明書をe-Taxホーム
 ページに登録。

  けっこう大変な手間な気がするんだけど…。
  e-Taxにすることで何かメリットってあるのかな。
 

 全部詳しく調べたわけではないけれど―。
 本人の電子署名か電子証明書をあわせて送信すると、所得税額から5000円が
 控除される―。また、医療費の領収書や、給与所得の源泉徴収票などの添付を
 一部省略できる―との事。

 劇的に税務署の手数が減るわけだから、なんかもっとスゴ~イ特典をつけるとか、
 現金でいくらか返ってくるとか、せめて所得税10%OFF!!くらいしてくれてもいい気
 がする。

  わたしだけ~?

 でもそうなってもやっぱり、領収書を初め伝票類の整理及び仕分けは手作業で
 やんなくちゃいけないんだよなあ~~。

 な~んて事言ってないで、とにかくまんず試算表を仕上げなくっちゃぁ~~!

  タメイキ…。