FC2ブログ
トミヤ帽子店*店長の仕事や生活の☆「あれこれ♡」☆です。
2006年02月28日 (火) | Edit |
2/28(火)
「イナバウワー」とは「上体を反らす事」だと思っていたら違うらしい。イナ・バウアーと言う人が開発した技で、1ストローク中に長い距離、長い時間を同じ姿勢を保ったまま滑る技のひとつなのだとか―。荒川選手の演技があまりにも鮮やかだった為、上体を反らす演技が「イナバウワー」と言うものだと思って見ていた。その荒川を初め選手達が帰国してくる。また盛り上がるんだろうなあ~。年末に発表される流行語大賞に早くも決定かもネ(笑)。閉会式を終えトリノの聖火は消えたが、荒川の周りだけは今後も熱く燃えそうである。

2006年02月27日 (月) | Edit |
2/27(月)
何だかんだ言われているが、私個人としては「トリノ・オリンピック」は面白かった!確かに全体で見れば日本は金メダル1個だったけれど…でも、各競技でレベルの高い試合が見られたので満足である。後ちょっとでメダルと言う人達も一杯いたし―!モーグルの上村愛子、スピードスケート500mの及川佑、同じく女子500の岡崎朋美、フィギュアの村主章枝、アルペンの皆川賢太郎…いずれの選手もあとほんのわずかメダルに届かなかっただけの事。どれも素晴らしかった。楽しかった。彼らから貰った元気を大事にしたい。


2006年02月25日 (土) | Edit |
2/25(土)
やっと走り出せた!というか…やはり荒川静香の「金メダル」に刺激を受けたのだろうな、夕方ジョグに―。もう雪も殆どなく道路の脇に汚れた雪が少し残るだけとなっている。昨年末からの大雪と、なかなか時間が取れなかった事も重なって、約2ヶ月ぶりのジョグ再開となった。3月の大会完走めざし今日から頑張る!なかなか時間が取れず…なんてのは自分への言い訳。時間は作ろうと思えば作れるもの…反省。やっぱり走り終わった後は気持ちがいい。運動は続けなくっちゃ。苦労するのは未来の自分。足腰強化は大事。

2006年02月24日 (金) | Edit |
2/24(金)
やってくれた!荒川静香選手☆金メダルおめでとう!本当に素晴らしい!「イナバウワー」って言葉がこれから流行るかも(笑)。異常な緊張感が渦巻く最終グループの中で、荒川だけが落ち着いた試合運びを自分のペースで行った。荒川の演技は最高であった。それは4位の村主にも、4回転にチャレンジした安藤にも言える事―。だがやはり、オリンピックには魔物がいた。あのベテラン・スルツカヤでも失敗する事があるのか。この貴重なる体験を糧に三選手に益々頑張って貰いたい。これからのフィギュア界が楽しみである。


2006年02月23日 (木) | Edit |
2/23(木)
いよいよである。また今夜も眠れない。今回のオリンピックで一番楽しみにしている女子フィギュア!大好きな三人娘の出番である。SPの時も夜中まで頑張って見ていたのだが、フリーは特に見逃せない。やはり何と言っても今一番調子がいい荒川の演技が見ものである。次に勝負強い村主のスグリワールドも楽しみ。そして何よりミキティには是非とも4回転を跳んで欲しい。失敗を恐れずに挑戦して欲しい。ここまで来たのだもの、頑張れ!不調と言われ続けている日本勢の空気を、ここでガラリと変えて欲しいと願っている!

2006年02月22日 (水) | Edit |
2/22(水)
「ひと雨ごとに春に近づく」とか「梅一輪一輪ほどの暖かさ」というが、ちょうど今頃の事であろうか。当地方はついこないだまで雪降りであった。寒くはあったが大きなボタン雪だった。同じ雪でももう積もる雪ではない。堤防の方ではネコヤナギやフキノトウも出始めていると、新聞の地方版に写真入りで出ていた。自然は正直だなぁと改めて思う。春はもうそこまで来ている。花粉症の人にとっては嫌な季節だろうが、当店にとっては稼ぎ時の春なのである。うんと忙しい春である事を願う。入園・入学…と忙しくも嬉しい春はもうすぐ!


2006年02月21日 (火) | Edit |
2/21(火)
滋賀県長浜市での園児刺殺事件…。何故その子達を殺さねばならなかったのだろうか。「仲間に入れて貰えない」という供述と犯行との余りにも大きな落差に戸惑う。安心して子供を託したグループ登園―車での送り迎えなので親達も安全だと信じきっていたに違いない。付き添った別の母親に殺害されるなんて!誰が想像しただろう。怒りや悔しさ、無念の思いは言葉では表せない。たった5歳の、しかも自分の子供と同じ幼稚園児に突然包丁を向けるなんて!何と残酷な光景だろう。あまりにもむごく悲し過ぎる事件である。


2006年02月20日 (月) | Edit |
2/20(月)
ここんとこ、昼食後すぐに眠くなる。朝も布団と大格闘しなくては起きられない。それもこれも全ては「オリンピック」のせい。やはりライブで見たいので、ついつい2時3時、時には4時に…。日本人選手の苦戦が続いている―。メダルは期待していないとは言うものの、やはり少しサビシイというのが本音。TVや新聞で様々な理由が挙げられているが、何がどうなってこういう結果になったのか。が、多くの選手は「悔しい」と話しつつも、結果はどうあれ全てやり尽くしたと言う満足なる笑顔であったように感じた。ともあれ前半終了――。


2006年02月18日 (土) | Edit |
2/18(土)
韓国歴史ドラマの「チャングムの誓い」を毎回楽しみに見ている。まさに「やめられない止まらない」状態である。深夜にもかかわらず家族で見ている。とにかく面白い―!朝鮮の宮廷で料理の修行をするチャングムという女性が成長していく物語である。色々な窮地に立たされながらも、いつもギリギリセーフで運命を切り開いて行く、しかもテンポが良い。ハマってしまったんだなあ~これが―。しかし、いつまで続くのか…気になってネットで調べた所、まだまだま~だ続きそう!眠たい目をこすりながらの週末は続きそうである―。


2006年02月17日 (金) | Edit |
2/17(金)
高橋大輔選手が8位入賞!それはそれですごい事だと思う。ショートプログラムで高橋が5位につけた時は、やっぱりちょっと欲が出てメダル射程圏内だ~等と思ってしまった。金メダルのプルシェンコにはもうただただ溜息のみ!完璧!すごい人がいるものである!高橋はフリーの最終滑走者として登場するや否や、4回転ジャンプに失敗。だが、その後のジャンプは成功し良い展開にまとめ上げた。失敗はしたが、勢いいっぱいやったという爽快感が感じられた。19歳の彼にエールを送る。4年後の高橋の成長に期待しよう。


2006年02月16日 (木) | Edit |
2/16(木)
ある会社に電話で問合せをしていた時、「申し訳ございません、そういう事は前例がないので出来かねます。」とあっさりTELを切られてしまった。お役所でよく言われる「前例がナイ」と言うアレだ。国会等でもよく使われる「逃げ」の常套句である。前例を辿って考えては見ましたが…と言ってるのだろうが「逃げ」には違いない。何言ったところで後ろ向き感は拭えない。「前例がないなら作ろう、経験がないならやってみよう」と言う一歩を踏み出す気持ち、勇気を持つ事が大事だと思うのだ。若い人が多い会社なのに勿体無いなぁ…。


2006年02月15日 (水) | Edit |
2/15(水)
少なくとも私にはあの上村愛子選手のモーグルは、これ以上はない!と思える演技だった。決勝での「コークスクリュー720」の完成度の高さには感動すら覚えた。それに費やされたであろう膨大な時間が透けて見える気がした。2つのエアは見事というより完璧に見え、超最高!と私には思えた。にもかかわらず得点はのびなかった。Why?採点競技は難しい。負けずに上村愛子選手にはもっともっと強くなって欲しい!あの会場の人全てを黙らせてしまうような迫力と、モーグルの神様を見返すような演技を完成させて―と願う。


2006年02月14日 (火) | Edit |
2/14(火)
本日はバレンタインデー。またまた今年も性懲りもなく、楽しんで色々なチョコレートを友人達に配った。年々渡す人が増えるのが面白い…が、財布は少々痛くもある(笑)。聞く所によると今年は「手作り」が流行っているらしい。手作りは他とは違うオリジナルな味が出せて面白いのであろう。そう言えば、スーパーでも「手作りキットコーナー」なるものが賑やかである。今年は友人同士でチョコを交換する「友チョコ」が定着してきたとかで、女の子ぽいチョコレートも充実していた。来年はどんなものが流行るのか。チョイ楽しみ~♪


2006年02月13日 (月) | Edit |
2/13(月)
久しぶりの東京であった。11日はちょうど「表参道ヒルズ」オープンの日でもあり、多くの人であった。何を隠そうこの日は娘の結婚式。で、3日間もお休みさせて頂いた訳であるが、この3日間すこぶる良いお天気であった。特に10・11日は超快晴!結婚式は青山にある教会でおごそかに行われた。青空に白いドレスが良く映えた。身内だけの簡素な式の筈が、娘の教え子達(6年生)がお祝いにかけつけてくれ一挙賑やかな雰囲気に―。披露パーティはレストランで会費制で。アットホームなほんわか~とした最良の日であった。


2006年02月09日 (木) | Edit |
2/09(木)
いよいよ「第20回冬季五輪トリノ大会」が、明日午後8時(日本時間11日午前4時)から始まる!開会式=すごく楽しみである。スキーやスケートには縁遠い南の地までTV中継されるとか―。早くからTVや新聞等で日本の獲得可能なメダル数は…色は…とにぎやかい。毎回思う事だが、オリンピックを初めとする様々な競技会で、すぐにメダル予想が取り上げられるのはどうなんだろう。私はメダルよりまず各国の選手の健闘ぶりをう~んと楽しみたい。つまらないメダル予想をけ散らすような各選手の熱い活躍を期待したい!


2006年02月08日 (水) | Edit |
2/08(水)
本当にコウノトリが赤ちゃんを運んできた!しかもそのコウノトリは当市(豊岡市)のコウノトリに間違いない!のだ。秋篠宮妃紀子様が第3子ご懐妊。おめでたい事!先月の「歌会始の儀」で、秋篠宮ご夫妻はそろってコウノトリの放鳥式に出席した際の気持ちを詠まれた。その約1か月後、この嬉しいニュースである。コウノトリが運んできたこの朗報に市民の一人としてとても嬉しく思う。男女に関係なく元気なお子様の誕生が楽しみである。男子誕生の期待はいやが上にも高まるであろうが…、今は黙って見守ってあげたいもの。


2006年02月07日 (火) | Edit |
2/07(火)
私は「お客様=神様」ではナイと思っている。神様=全てに光を与え公平で愛に満ちた大きな存在―。お客様は商品を買って頂く有難~い存在ではあるが、同時にワガママでもある。理不尽な事を言う時もある。なので、お客様は超偉い神様で、接客をしている我々はフツ~の人間と言うのはちょっとネ…。まぁどっちかって言うとお客様は「王様」かな、愛や温かさも持ってはいるが、ちょっとワガママ、我々の苦労等知らない…という点で。でも、お客様が来店された時は「王様気分」を大いに味わってもらうべく努力は惜しまない!


2006年02月06日 (月) | Edit |
2/06(月)
4日は立春―。暦の上だけとは思いつつもほっとする。この季節になると、昔、祖母が「1月は急ぐ、2月は逃げる、3月は去る…だから、すぐあったこうなる。この時季が過ぎるのは早い」と言っていたのを思い出す。幼い私は「1月イそぐ、2~月ニげる、3月はサる♪」と呪文のように唱えたものだ。そう言うと本当に早く過ぎるように思えた。その話を子供にしたらしっかりと覚えていて「2月は逃げる、早いなあ」等と今も会話する。梅のつぼみはまだまだ堅い。それでも遠くの地からの梅便りも聞く。春は確実に歩を進めているようだ。


2006年02月04日 (土) | Edit |
2/04(土)
ぼんやり起きてみると…起きるにはまだ早い時間であった。もう一度布団にもぐり込んでいると、裏の道路を除雪車が通って行く音がシャリシャリウィンウィンと響いて来た。頭の隅で何かしら不思議な光景がよみがえってきた。幼い頃、私は一晩で雪がどれだけ積もったかを確認するのが楽しみであった。冬の朝はいつも除雪車の音がした。外に出るとぴかぴかの新雪をかき分けて「輝く雪の道」が出来ていた。そこを歩いて学校へ。真夜中から人が通る道を作る為に働いている人がいるんだな~と妙に感心した事を思い出した。


2006年02月03日 (金) | Edit |
2/03(金)
昔から言う「節分寒波」は正しかったようで、本日はまた雪降りとなった。今はちょっと湿った雪であるが、これが粉雪になったら積もるのだろうなぁ。粉雪の他に大きなかたまりで降るぼたん雪(又はぼた雪)、薄く降り積もった淡雪、柔らかくてすぐ消えてしまう泡雪。大雪、小雪にざらめ雪…雪の呼び名も多くあるもの。どか雪という言葉もあるが、今年の雪は当たらずともこれに近かった。また、雪の付く言葉で「雪模様、雪景色、雪の花、雪あかり」等がある。春の雪は「なごり雪」かな。どれも豪雪とは関係ないキレイな響きである。